看護のお仕事の特徴は?

看護のお仕事の特徴は?

患者さんの身の回りのお世話や医師のサポートなど、医療現場において、あらゆる業務の助っ人としての役割となることが特徴の看護職。

 

医療を通し人の役に立つ、人に感謝される仕事のため、とても大きなやりがいを感じることが出来るでしょう。また、看護のお仕事では人との距離感が重要となってきます。患者さんとの対話、その家族との会話、他の看護師や医師との連携、など様々なシーンにおいて常に、その都度に応じたコミュニケーション能力が求められます。

 

看護師としての資格をとるのは難しいかもしれません。しかし、看護師として働くことで、国家資格にはない高度なスキルを身につけることが出来るでしょう。

 

また、看護職特有の給与手当も特徴のひとつです。看護師の給与は、あらゆる手当が大部分の割合を占めています。基本給は低めに設定されている場合が多いのですが、夜勤手当や時間外手当などが多く加算されるため、一般的な職種と比べお給料は高くなるでしょう。

 

その分、無茶なスケジュールでシフトを組まれてしまい、過酷な労働による負担がかかってしまうのではないかと心配になる方も多いでしょう。

 

時間外の過酷労働、無茶な出勤要請など看護師への過度の負担が問題視され、日本看護師協会等の機関は常に改正を行なっています。辛いだけ、忙しいだけ、だから給与も高い、といったイメージが定着していた看護職は、やりがいを感じ、仕事の喜びを得られる看護職へと変化しています。