男性看護師はどのくらいの割合ですか?

男性看護師はどのくらいの割合ですか?

男性の看護師は年々増えていると言われています。確かに病院内に男性看護師の姿を見たという人はいると思いますが、それでも稀な存在であると思います。実は、男性看護師の割合というのは全体の4〜6%程度と言われています。つまり、100人看護師さんがいれば、そのうち4人〜6人程度が男性看護師という状況です。

 

この割合は決して多いというわけではないという事になると思います。男性看護師は見たことがあるけど、一般病棟ではあまり見かけないというケースもあるようです。どうしても看護師=女性というイメージが強く、男性看護師が担当看護師として付くと、担当を女性に変えてほしいという患者さんは多いそうです。

 

そのため、男性看護師はどちらかというと手術室勤務や精神科病棟、ICUや救命救急室、人工透析室などに配置されることが多いようです。しかし、一般病棟でも活躍する男性看護師は徐々に増えていく傾向にありますし、男性患者さんの中には男性看護師が担当になる方が良いという考えを持っている人もいるようです。

 

男性看護師の存在自体が多くなって来れば、もっと割合も増えて一般的な存在になっていくのではないでしょうか。

男性看護師はどのくらいの割合ですか?関連ページ

看護方式は何ですか?
看護方式とはどのような看護の体制なのでしょうか?看護師が患者さんにどのように対応していくのかなど知っておくといいでしょう。