保健師国家試験を受けるには?

保健師国家試験を受けるには?

保健師国家試験を受けるには、その前に、必要な試験があります。保健師になるには、看護師の基礎教育を終えた人が入学して保健師学校に通うコースと、保健師と看護師統合カリキュラムを採用した学校で保健師の受験資格を得るコースがあります。

 

つまり、保健師資格を取るには、看護師国家試験をパスしなければなりません。

 

そして看護師試験に合格した後、6ヶ月以上の保健師養成課程を終了しないといけません。それでようやく保健師国家試験を受けることができるのです。保健師になるには、大学のような一貫教育か、看護学校を卒業後、専門教育機関で学ぶ2通りがあります。

 

これまではどちらの学校でも保健師国家試験の受験資格を得ることができたのですが、最近では保健師教育の見直しが行われていて、ほとんどの大学で保健師は専門教育を受けられる人数に制限があります。そのため、大学看護学部に入っても、希望者が多く、卒業時に保健師国家試験を受けられない可能性が出てきています。定員も学部学生数の20〜30%程度に絞っていて、かなりの狭き門になっています。

保健師国家試験を受けるには?関連ページ

保健師になるメリット