保健師になったらとれる資格

保健師になったらとれる資格

保健師に限った話ではありませんが、資格は持っていると何かしら得することがあったり、更なる試験を受けたりすることが出来ます。いい例が行政書士です。行政書士の資格を持っていて初めて受けられる国家試験もありますし、行政書士の資格が無ければ出来ない仕事というものも存在します。

 

保健師の資格は持っていると選択肢の幅も広がるのでかなり仕事などに有利になります。

 

というわけで保健師の資格を持っていると何が出来るのかについて目を向けていきましょう。まずは第一種衛生管理者です。これは飲食業を始めるために必要な資格でこの資格を持っている人がいないと基本的には保健所から飲食店を開いていいという許可が出ません。

 

保健師の資格を持っていると自動的に第一種衛生管理者の試験を受けることが出来るようになります。次に養護教諭の試験儲けることが出来るようになります。保健師の資格があるとこういう国家試験を受けることも出来るわけです。また、最近多くなってきている介護の支援専門員の国家試験も受けることが出来ますし、産業カウンセラーの試験を受けることも出来ます。

保健師になったらとれる資格記事一覧

保健師国家試験を受けるには、その前に、必要な試験があります。保健師になるには、看護師の基礎教育を終えた人が入学して保健師学校に通うコースと、保健師と看護師統合カリキュラムを採用した学校で保健師の受験資格を得るコースがあります。つまり、保健師資格を取るには、看護師国家試験をパスしなければなりません。そして看護師試験に合格した後、6ヶ月以上の...
詳細を見る
保健師になるメリットは、とてもたくさんあるかと思います。地域の人々の健康を守るというとても大切な役割にやりがいも感じるでしょうし、患者さんや家族の方から感謝の言葉をもらえた時には、自分の仕事にほこりを感じ、大きな喜びにもつながることと思います。誰かの役にたちたい、健康で悩む人の支えになりたいという温かい気持ちの持ち主であれば、保健師という...
詳細を見る