助産院と病院での仕事の違い

助産院と病院での仕事の違い

一般の人からすると助産院と病院での仕事は同じと思っていますが、助産師からすると仕事は大きく違ってきます。助産院は入院床数9床以下の施設で規模が小さいので家庭的な雰囲気の中で出産することが可能であり、母子ともに正常な状態にある場合の出産の介助を行う場所となります。

 

助産院での仕事内容は妊娠時の検診、分娩、育児まで、一貫した助産活動を行います!

 

病院のように白衣ではなく私服で行っている所もありスタッフと妊婦さん、その家族が一丸になってお産に臨みます。病院では助産師以外に医師、看護師、その他の医療スタッフがいて、医療チームの一員としての役割があり、看護学生の実習を受け入れている病院では教育指導を行います。

 

総合病院の場合には産科に配属されますが、産婦人科として婦人科疾患をもつ神の看護を行う業務も多くあります。近年では助産師不足なので病棟勤務と外来勤務の両方を任されることもあり、妊婦さんに対する保健指導や母親教室、産後の授乳教室も複数の妊婦さん、じょく婦さんに行うので一人一人と触れ合う機会が少なく感じることも多いようです。しかし助産院と比べると数多くの経験を積むことができます。